トピックス

投稿日:

ふかしとは?

ふかしは、コンクリートの躯体を設計時より、余分に大きくした部分をいいます。また、ふかしを設けることを「ふかす」といいます。各部材の納まりが悪いと、施工段階で、ふかすことが多くなります。

似た用語で、「増し打ち」があります。増し打ちとふかしは、ほぼ同じ用語考えて良いです。但し、「梁幅をふかす」というとき、必ずしも増し打ちを設ける意味ではなく、梁幅そのものを広げる意味としても使えます。

また鉄筋コンクリート外壁は、ひび割れ対策として、躯体の壁厚よりも20mm程度厚くします。この20mm分をフカシ、フカシコンクリートなどといいます。

実務では、増し打ちとふかしは、同じような意味で使われているので、違いを深く考えなくても良いでしょう。

長山鐵筋株式会社
〒324-0403
栃木県大田原市湯津上303-2
TEL:0287-98-3027 FAX:0287-46-5037

トピックス

関連記事

ベンダー付き鉄筋カッター(押し切り)

ベンダー付き鉄筋カッター(押し切り)

柄の部分を開き、鉄筋用の溝に鉄筋を入れて、手前に引き下ろすことにより、鉄筋を切断する事のできる道具。 …

ハッカー

ハッカー

鉄筋同士を縛り固定することを鉄筋の結束といい。その結束に使う結束線(専用の針金)をねじり締め付けるた …

施工

施工

住宅基礎 …

最近の投稿

2024/05/20

施工

2024/05/16

施工

2024/05/15

施工

2024/05/05

施工

2024/04/09

施工

お問い合わせ  採用情報