トピックス

投稿日:

ふかしとは?

ふかしは、コンクリートの躯体を設計時より、余分に大きくした部分をいいます。また、ふかしを設けることを「ふかす」といいます。各部材の納まりが悪いと、施工段階で、ふかすことが多くなります。

似た用語で、「増し打ち」があります。増し打ちとふかしは、ほぼ同じ用語考えて良いです。但し、「梁幅をふかす」というとき、必ずしも増し打ちを設ける意味ではなく、梁幅そのものを広げる意味としても使えます。

また鉄筋コンクリート外壁は、ひび割れ対策として、躯体の壁厚よりも20mm程度厚くします。この20mm分をフカシ、フカシコンクリートなどといいます。

実務では、増し打ちとふかしは、同じような意味で使われているので、違いを深く考えなくても良いでしょう。

長山鐵筋株式会社
〒324-0403
栃木県大田原市湯津上303-2
TEL:0287-98-3027 FAX:0287-46-5037

トピックス

関連記事

施工

施工

担当者 一級鉄筋技能士 藤田     …

施工

施工

担当者 一級鉄筋技能士 吉成 …

鉄筋工事の流れと役割

鉄筋工事の流れと役割

そもそも一つの建物が完成するにはどのような流れがあり、どんな人達が関わっているのか知っていますか?ま …

最近の投稿

2024/01/20

施工

2024/01/19

施工

2024/01/18

施工

2024/01/15

施工

2024/01/05

新年のご挨拶

お問い合わせ  採用情報